もう、怒らない 小池龍之介(著)

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 02:27
この手の本はこれまでにも何冊も読んでいたつもりですが、今回もまた
新鮮な気持ちで読むことが出来ました。

怒りの生まれる原因、
それを減らす方法、
具体的な方法

についてわかりやすくかかれてあります。


でも、私の頭の衰えなのか、読み終わった後系統的に思い返せない。
ダメじゃん。せっかく良い本だとおもったのに記憶に残らないなんて。

・・・ということでもう一度読みました。

そして、目次をジッと眺めて何がかいてあったか思い出してみました。



そうしてやっとかかれてあったことの全体像が浮かび、
本の端っこにメモ書きでまとめられました。


簡単に読める、比較的ボリュームの少ない本でもここまでやらないと
頭の中に定着しません。

ポーチ

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 03:06
人からとある物を頂いたため、お礼の意味を込めてポーチを作ることにしました。


・・・という建て前ですが、動画で紹介されたポーチを作ってみたくて作りました。


こちらの動画を参考に作ってみました。
布は、先日作成して(現在活躍している)ショッピングバッグの裁断で出来た細長い端っこを
利用しました。


嫁ぎ先の女性は目鼻立ちのくっきりした方なので、あうんじゃないかな?

全体



裏布も元気な柄です。

内側


ただ、ファスナーの部分は若干満足していません。

ジッパー


この動画の仕立て方法はなかなか私には斬新で短時間で出来ました。
この作成方法を参考に、うちポケットをつけたり、パッチワークでやってみたりいろいろ
応用ができそうです。

一日悩みに悩んだ末

  • 2017.08.23 Wednesday
  • 13:19
皿洗いのシフトを増やすオファーを、職場の上司にメールしました。

気持ちが再び腐る危険があるのが心配ですが、

もう一つ仕事を増やしたくても週一の仕事はなかなか見つからない。
わずかな増収で、haruo くんの退職年齢を下げることが可能だということ。
一つの家庭という単位で見た場合、haruo くんにオンブに抱っこではなく、
二人で共同して早期退職を目指すべきではないか(でないとしても、
定年後の生活をより安定化するために資産を増やす努力が必要じゃないか)。

更に、

シフトを減らして自由時間が出来て久しいけれど、有効活用していないこと。
結局だらだらネットばかりやり、だらだら食べつづけるだけなら
拘束時間を多くしたほうが、余暇の有り難味が増すだろう。

そして、

9月からはどのみち、職場は人を欲しがる季節。
新しく皿洗いを採用すると聞いているが、私の働く時間を
数時間増やすことは嫌がらないだろう。

でもって、

とにかく、仕事のペースを落としてシフトを増やすのが人生において得策ではないか。



haruoくんには事後報告します。
この決断を、今、私の口から言えばどうしても当てつけがましくなるのは目に見えている。
あくまでも、自分の決断としたいので。

ひとみごくう

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 07:58
ひとみごくう って、 
人身御供 と、書くのですね。知りませんでした。

というか、

人見悟空  だと思っていました。
人見知りをする孫悟空だと。



人前で恥かかなくてよかった。
でも、
まだまだ勘違いしている言葉あるんじゃないだろうか。。。。



そういえば、
たいふういっか って、
台風一家だと思っていました(30歳まで)。

お盆のころに家族4人で、実家に押し寄せて散々飲み食いして
家をあらして、もらえる物は根こそぎもらって帰っていく
「台風のような一家」なのかと。。。。。




大丈夫か、私。

日蝕に立ち会えました

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 02:48
緯度が高いために皆既日食の機会は得られませんでしたが、かなり
太陽が隠れた日蝕を体験することが出来ました。

ここでは、
最高で8割くらい月に遮られたそうです。
感想として、

確かに太陽光は弱くなったが、8割隠れてもまだまだ明るい。太陽って凄い!
ということです。


何枚か写真を撮ったのでご紹介♪

日蝕が始まった頃。
ハガキに丸い穴を開けたものですが、ちょっと欠けているのがわかるでしょうか。
はじまり2

木陰も三日月になっています
こかげ1

一番日蝕が進んだ状態


木陰の形が細い鎌形になっています。
こかげこかげ

これを書いている現在もまだ、日蝕の最中ではありますが、かなり太陽光が
強くなってきています。本来の夏の強い日差しにもどりつつあります。

近い将来、再びカナダで皆既日食があるそうですが、場所が遠くはなれているので
見ることは出来ないとおもいます。

良い機会にめぐり逢えました

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

メールフォーム

selected entries

categories

archives

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM